VISA、JCBなど昨今では各クレジットカード会社はいろいろな特色を出し、
サービスを考えています。

そんなクレジットカード会社が利用者を獲得するためのひとつのターゲットが
学生です。ある程度、利用するクレジットカード会社が決まっている
上部の年齢層の方より、あまり利用していない学生が新規としては最適なのです。

安定収入がない学生でも、クレジットカードは簡単に作れます。
もちろん、ショッピング枠とキャッシングサービス枠の両方利用可能です。
しかし、学生ではキャッシング枠をできる限り付けない、もしくは最少の
金額枠に設定しておきましょう。

知らずに申し込み時に付けられることがありますので注意が必要です。

なぜ、キャッシングサービスを利用しない方がいいかと言うと、
金利や利息と言葉で理解できていたとしてもキャッシングサービスは
想像している以上に高い金額の利息を払うことになります。

アルバイトなどをしていたとしても、社会人と違い、
安定収入がが得にくい学生の場合は、返済計画がたてにくい
と言う不安定なところもあります。

学生の間はキャッシングサービスの利用は控える方が無難でしょう。

 

お金を借りるときには総量規制のことを考えましょう

もしあなたがブログの運営者だったり買い物代行業務などを在宅ワークでしていて、お金がなかなか入ってこないと困ってしまいますよね。また写真が趣味だとカメラなどにお金をつぎこんでしまって手元にお金が残らない可能性も大きいです。

お金がないと銀行口座に預入することもできなくなって生活に困ってしまう可能性があります。もしあなたが生活に困ってしまってお金を借りなければいけない状況になったらどうしますか。お金を借りるということを学んでいきましょう。

お金を借りることのできるのは、銀行のカードローンや消費者金融になります。銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律に従って運営されています。この2つで一番違うと言ってもいいのは総量規制ではないでしょうか。

総量規制は貸金業法し従っている消費者金融が対象になっていて、年収の3分の1以上の借り入れは規制されているものです。それ以上借り入れしたい場合は困りますよね。しかし銀行は総量規制の対象外になっているのでそれ以上の借り入れは可能になっています。

キャッシング自体はサービスとしては悪くないです。合法の行為ですし、いざというときにお金がないと困ることは確かであり、そんなときに使えるキャッシングサービスがあることは有難いことであるといえるでしょう。自身の所属しているコミュニティなどから借りることができるならばそれが最も無難といえます。

しかし、世の中にはそうしたところがない人もいるのです。ですから、キャッシングサービスがお勧めできるわけです。義理が重なることもありませんし、安心して利用することができるようになります。即日融資が基本になっているのですがそれでも必要になる日の数日以前から申込みをしておいたほうがよいでしょう。

むじんくんでおなじみの消費者金融などもありますし、或いは銀行系のカードローンというのもよいでしょう。カードローンもキャッシングもお金を借りている、という意味合いでは同じようなことになります。好きなほうを選ぶとよいでしょう。

 

お金借りたい状態に陥らないために

給与からはいろいろなお金が天引きされてしまいます。その為、実際の収入よりも手取り部分はかなり少なくなってしまう場合があります。手取りの収入の中から優先されるのは、毎月の生活費や支払などです。
それらが優先されてしまうので、収入が十分でないと、なかなか貯金を増やしていくことは難しいかもしれません。

そのような状態で毎月カツカツの生活を送っていると、時には急な出費があると、どうしてもお金が足りない状態になってしまいます。何とかしてお金借りたいと思っていても、なかなか良い方法はとっさには見つからないものです。下手に知人や身内にお金を借りてしまうと、時には関係が悪化してしまう可能性があります。

お金が足りない時は安易にお金を借りる前に、本当に今必要なのかを考えることが必要です。もしかしたら、必要経費だと思っていた支出が無駄な物もあるかもしれません。結局、毎月赤字を出さずに生活していくためには、経費を抑えるか収入をふやしていくしかありません。急な出費も頭に入れて、貯金をしていくようにしたいものです。

 

車検見積もりについてコミュニティで質問する

車検の時期が近づいてくるとちょっとしんどいです。手持ちの現金がないとカードローンで借金をして申し込みをするのか考えてしまいます。ただ、問題なのは車検にいくらかかるのか分からないことです。そのために車検見積もりをもらって大体どの位の費用がかかるのか知ることになります。

車検見積もりは複数の会社に見積もりを出してもらってもかまいません。もし分割払いで車検の費用が払えるのならそのことについても聞いてみるといいでしょう。タイミングが良ければ期間限定金利で金利が低くなっている場合もあります。もしも車検について知識がないのなら、車に詳しい人が集まるコミュニティのようなサイトがあるのでそちらで質問をするといいです。

そこで質問すれば車検の費用がどの程度が適正なのかを教えてくれるでしょう。適正と言えば、カードローンや借り換えローンの金利が適正なのかと考えることがあります。ほとんどのカードローンや借り換えローンの金利は適正なので大丈夫です。