VISA、JCBなど昨今では各クレジットカード会社はいろいろな特色を出し、
サービスを考えています。

そんなクレジットカード会社が利用者を獲得するためのひとつのターゲットが
学生です。ある程度、利用するクレジットカード会社が決まっている
上部の年齢層の方より、あまり利用していない学生が新規としては最適なのです。

安定収入がない学生でも、クレジットカードは簡単に作れます。
もちろん、ショッピング枠とキャッシングサービス枠の両方利用可能です。
しかし、学生ではキャッシング枠をできる限り付けない、もしくは最少の
金額枠に設定しておきましょう。

知らずに申し込み時に付けられることがありますので注意が必要です。

なぜ、キャッシングサービスを利用しない方がいいかと言うと、
金利や利息と言葉で理解できていたとしてもキャッシングサービスは
想像している以上に高い金額の利息を払うことになります。

アルバイトなどをしていたとしても、社会人と違い、
安定収入がが得にくい学生の場合は、返済計画がたてにくい
と言う不安定なところもあります。

学生の間はキャッシングサービスの利用は控える方が無難でしょう。

 

お金を借りるときには総量規制のことを考えましょう

もしあなたがブログの運営者だったり買い物代行業務などを在宅ワークでしていて、お金がなかなか入ってこないと困ってしまいますよね。また写真が趣味だとカメラなどにお金をつぎこんでしまって手元にお金が残らない可能性も大きいです。

お金がないと銀行口座に預入することもできなくなって生活に困ってしまう可能性があります。もしあなたが生活に困ってしまってお金を借りなければいけない状況になったらどうしますか。お金を借りるということを学んでいきましょう。

お金を借りることのできるのは、銀行のカードローンや消費者金融になります。銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律に従って運営されています。この2つで一番違うと言ってもいいのは総量規制ではないでしょうか。

総量規制は貸金業法し従っている消費者金融が対象になっていて、年収の3分の1以上の借り入れは規制されているものです。それ以上借り入れしたい場合は困りますよね。しかし銀行は総量規制の対象外になっているのでそれ以上の借り入れは可能になっています。